不動産売却

不動産売却についての備忘録

不動産売却するタイミングで、税金が違う。

不動産売却するタイミングで、税金が違うということをどれぐらいの方が知っているのでしょうか?
知らないと、余計な税金を払うことになってしまうので、お気をつけください。



不動産を売却する時に知っておきたいお金の話

不動産売却する際に気を付けるべき点は、長期で所有していた不動産か、短期で所有していた不動産かによって譲渡所得の税率が大きく違います。
土地建物を譲渡した場合の長期譲渡所得と短期譲渡所得は、譲渡した年の1月1日現在において、所有期間が5年以下か、5年を超えるかにより判断します。
所有期間5年以下(短期)の譲渡所得税率は39.63%(所得税30.63% 住民税 9%)です。所有期間5年超(長期)の譲渡所得税率は20.315%(所得税15.315% 住民税 5%)です。なお上記税率には、復興特別所得税として所得税の2.1%相当が上乗せされています。詳細は最寄りの税務署もしくは税理士にご確認ください。