不動産売却

不動産売却についての備忘録

不動産売却の税金「分離課税」

土地や建物などの不動産を売却した時の譲渡所得に対する税金は他の所得と区分して計算します。
いわゆる分離課税と呼ばれるものです。

 

この売却益を通常の課税所得とは切り離して計算します。
株などの売却益もこの方法で計算します。

 

これは、分離課税で支払う税金を別に計算することによって、他の所得に高い税率が適用されないためです。